新着情報

2020.01.20

【アヤメ通信】発散する事は大切です

こんにちわ!

年末年始の非日常生活から落ち着き始めた時期ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

仕事だけにかかわらず、日常を送っているとどうしても避けては通れないもの。
それはストレスだと思います。
ストレスを感じると胃痛がしたり等、まず胃の不調が思い当たるかと思います。
ですが、ストレスは【胃】だけではなく、【大腸】にも関係しています。
個人差はありますが、便秘になったり、逆に軟便になったり。
過敏性腸症候群等になる場合もあります。
症状で心配なことがありましたら、症状が悪化する前に
まずは外来受診をおすすめ致します。
また、内視鏡検査のご検討をされておりましたら、
お問合せからでも構いませんのでコールセンターへご連絡ください。

ため込まずに発散する事も大切なので、存分に発散しましょう!
私はライブに行ったり、ドライブしたり。一番はアニメ・マンガを見たりしてます笑(*^^)v

 

ペンネーム『希望』(アヤメの花言葉より引用)

2020.01.13

【ダリア通信】インフルエンザにご注意を

みなさんこんにちは♪
2020年早くも2週間がたちましたね。
いかがお過ごしでしょうか(^○^)

新年会等楽しい事が多い季節ですが、インフルエンザが猛威を振るう季節でもあります。
2020年1月10日現在、船橋市の小中学校の発熱による欠席者数は291名・総欠席者数は891名です。
感染力も強いインフルエンザは対策が大切となります。
最も簡単で効果的な対策は手洗いです。
インフルエンザウイルスに感染する要因として手に付着したウイルスが、鼻や口、目から体内に入ることがあげられます。
手洗い石けん液やアルコール手指消毒剤を正しく使用することで、手に付着したウイルスを洗い流す、又は不活化する事ができるのです。
お出掛から帰った際は石鹸をつけ30秒以上しっかりと手洗いを習慣化しましょう。
その他手洗いの後のうがい・マスクの着用も行い予防をしっかりとおこなって元気に過ごしてくださいね(._.)♢

何か心配ごとがあった際には、HPのカレンダーをご確認頂き早めに外来の診察にご受診頂く事をおすすめ致します。

 

 

ペンネーム『華麗』(ダリアの花言葉より引用)

2019.12.28

【ラベンダー通信】楽しいお正月

皆さんこんにちは。

もうすぐお正月です、家族たちと楽しい事をたくさんできますね。

家族と一緒に美味しい料理を食べて、買い物もして、お話しをして、家庭の暖かさ

たくさん感じて、充実した時間を過ごしましょう。私も実家に帰るのを楽しみにしています。

たくさん美味しい料理を食べれるように風邪を引かないように、胃の

調子くずさないように食べだ後すぐに横にして寝ないことを注意しましょう。

 

大家再正月里要注意安全、健康、祝大家新年幸福。

 

 

ペンネーム『愛情』(ラベンダーの花言葉より引用)

2019.12.25

インフルエンザ予防接種終了のお知らせ

今年度の予防接種の実施は12/24をもって終了致しました。

2019.12.24

年末年始診療のお知らせ

休 診 日:12/30(月)~1/3(金)

電話対応日:12/28(土)まで

※1/4(土)より診療を開始致します。 
 診療日 及び 診療内容はカレンダーをご覧下さい。     

ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

2019.12.09

船橋市健診を含む健康診断の受付について

11月1日より船橋市健診を含む健康診断は完全予約制となります。
直接ご来院頂いた場合はその場でご予約を頂き別日でのご案内となります。
ご了承ください。
ご予約はネット・電話どちらでも可能です。
宜しくお願い致します。

※市の大腸がん検診に関しましては、事前にキットを取りに来て頂く必要がございます。
 当院が開いているお時間内にお越しください。

2019.12.09

インフルエンザ予防接種について


予約開始  2019年10月1日(火)
接種開始  2019年10月8日(火) 開始致します。

外来診療日がある日のみご案内となります。ご了承ください。

料金    3,500円

【完全予約制】となりますので、
事前に窓口又はお電話にてご予約をお願い致します。
047-495-0013

なお対象年齢は6歳以上となり、今年度は受給券のご利用はできかねます。
宜しくお願い致します。

2019.12.09

【ヒマワリ通信】年末年始の体調管理

 

日に日に寒さが増してきました、寒暖差もあり体調を崩されている方も多いようです。インフルエンザも流行してきておりますので、体調管理に注意して頂きたいと思います。インフルエンザに限らず健康を維持するためには予防することが大切です。適度な運動を行い体力を維持する。バランスの良い食事で栄養を摂る。質の良い睡眠で疲れをためない事が大切です。

年末にかけ胃腸に負担のかかるような食事を摂る事も増えてくると思います。一年の疲れも出てくる頃ですので長引く胃腸症状がある方は受診をお勧め致します。当院の年末年始の営業状況に関しましてはホームページをご覧になっていただければと思います。

 

皆様、お忙しいとは思いますが予防することを忘れずに素敵な毎日をお過ごしください。

ペンネーム『私はあなただけを見つめる』(ヒマワリの花言葉より引用)

2019.12.02

【ポピー通信】過敏性腸症候群について

こんにちは。東京ベイサイドクリニックです。
12月になり本格的に寒くなってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
本日は過敏性腸症候群(IBS)についてお話させていただきます。

まず、過敏性腸症候群(IBS)とは?
「過敏性腸症候群(IBS)」とは検査を行っても潰瘍などの疾患は見つからないのに下痢や便秘、腹痛、ガスなどの不快感がある症状を言います。これらの不快な症状の原因は明らかになっていませんが、精神的なストレスが大きく関係していることが分かっており、現代病のひとつとも言われています。

では、どんな人がなりやすいのでしょうか?

几帳面で繊細、感受性の強い人、ストレスを受けやすい人がなりやすい傾向にあるようです。20代~30代に一番多く、最近では若い女性の間に多く見られるようです。例えば仕事でミスをして落ち込んだとき、仕事で過度に緊張する場面があるときなど心理的ストレスに腸が反応してお腹が痛くなる、トイレへ行きたくなってしまう、という症状が出てしまうようです。また、昔からお腹を壊しやすい体質だと言う方も多く含まれます。

 症状は以下のようにそれぞれ異なります。

(1)下痢型
通勤、外出先で下痢の症状が起こることがあります。「電車に乗ってからお腹が痛くなったらどうしよう」など、外出先での不安がさらに病状を悪化させることもあります。この下痢型は男性に多い傾向があります。

(2)便秘型
元々便秘がちで便意があったとしてもウサギの糞のようにコロコロな状態で少量のことが多く、便秘によって腹痛を伴うこともあります。便秘型は男性より女性に多い傾向があります。

(3)交代型
下痢と便秘を交互に繰り返し、下痢の後は便秘になってしまうケースが多く見られます。

(4)ガス型
ガスが溜まり腹部膨満感、お腹の不快感を伴います。人目を気にしてガスが漏れてしまわないかといった不安や恐怖にかられ、精神的ストレスをためやすい傾向にあります。

冒頭にもお話させていただきましたが、「検査で異常がない」ことがポイントです。

しかし、大腸がんなどの腫瘍性疾患や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患などの器質的疾患も、同様の症状を呈することが多々あります。

そのためIBSと診断するためには、確定診断のために大腸内視鏡検査などを行い、器質的疾患を否定する必要があります。

また一般的に50歳以上の患者さんや、過去に大腸の病気になったことがある、家族にそうした方がいるなどの危険因子がある患者さんに対しては、大腸内視鏡検査が推奨されています。

症状が強く出ている方は、はじめは内服薬での治療を行う場合もありますので、医師と相談して方針を決めていきましょう。

何か気になる症状や内視鏡をご検討されている方は、外来診療も行っていますのでお気軽にご相談ください。

            

ペンネーム『思いやり』(ポピーの花言葉より引用)

2019.11.25

【ペチュニア通信】胃がん検診・胃カメラについて

こんにちは。東京ベイサイドクリニックです。

インフルエンザの季節となってきましたが、皆さま体調はいかがでしょうか。

本日は、胃がん検診についてお話をしようと思います。

がんは、国民の2人に1人がなる病気です。その中でも胃がんの割合はとても高いです。

胃がん検診は、胃カメラでは2年に1回、バリウム検査では1年に1回が推奨されています。

 

バリウム検査では、発泡剤とバリウムを内服しレントゲン検査で、食道が狭くなっていないかや胃粘膜に異常が無いかを見ていく検査になります。

「バリウムの味が苦手」「ゲップを我慢するのが辛い」「検査後には下剤を飲まないといけないのが嫌」などの声は多くあります。

 

胃カメラは、細いカメラを鼻または口から挿入して直接、食道・胃・十二指腸を観察していく検査になります。粘膜などに異常があった場合は、その場で組織を採取し病理検査に出し、詳しい組織検査を行うことができます。(内視鏡下生検)

「嘔吐反射が苦しい」「カメラで喉が塞がれて苦しい」など胃カメラが苦手な方は多いと思います。

しかし胃がんやその他の胃の病気は、小さな粘膜異常や粘膜の色の変化があるため、バリウム検査より胃カメラの方が詳しく粘膜を観察できるためお勧めです。

 当院では、鎮静剤を使用し、眠ったのを確認してから胃カメラを口から挿入して開始していきます。そのため、目覚めた時には胃カメラは終了している状態になります。

胃カメラが終わった後は、鎮静剤の影響で眠たい感じが残りますので、しっかり目が覚めるまで点滴をします。その後に、胃カメラの画像を見ながら医師の説明を受けてご帰宅となります。

患者さまの声で「あっという間に胃カメラが終わって、楽だった。」という感想を多く頂いております。

胃がん検診や大腸がん検診、人間ドックなどをお考えの方や、気になる胃腸症状がある方もお気軽にご相談ください。

※保険診療で内視鏡検査を受ける場合は、一度、外来受診が必要となりますので外来のご予約をお願い致します。

 

ペンネーム『心のやすらぎ』(ペチュニアの花言葉より引用)

1 2 3 4 5 6 16