新着情報

2018.04.26

直近予約|4/28(土)、胃・大腸カメラ受けられます!

【ガラ鏡】(2Lの下剤内服あり/前処置3~4時間):4/28(土) 15:30-
【スマ鏡】(2Lの下剤内服なし/前処置1~2時間):5/4(金)   13:30-
【キャンセル】なし

ご予約専用:0120-52-5489
※即日検査ご希望の方は朝食を抜いて、午前中にご来院下さい。

2018.04.23

【たんぽぽ通信】春と喘息について

こんにちは。東京ベイサイドクリニックです。
皆さんいかがお過ごしですか。

たんぽぽ通信では春と喘息についてお話しさせて頂きます。
春といえば自然の色づく華やかな季節ですが、一方で花粉症に悩まされる季節でもあります。
花粉症により鼻水、咳などの症状が起こると気道が炎症し、喘息の症状が悪化してしまいます。
症状を悪化させないためには、気道の炎症を抑える事が大切です。
まずは【かすみそう通信】花粉症についてでお伝えさせて頂いた花粉症対策の実施、
また喘息の吸入治療を日頃正しく継続していく事が大切です。
当院で継続のお薬を処方させて頂く事も可能です。
上手に春の季節を過ごしていきましょう。

なにかございましたらご相談ください。

ペンネーム『真心の愛』(たんぽぽの花言葉より引用)

2018.04.16

【四葉のクローバー通信】内視鏡強化講座、無事に終了!

こんにちは、東京ベイサイドクリニックです。

昨日は東京駅直結の丸の内ビルで、船井総研様主催の内視鏡強化講座に登壇して参りました。
全国津々浦々の開業医先生方がご出席される中で、当院独自の内視鏡検査法や内視鏡強化の秘訣につき私なりのノウハウを述べさせて頂きました。
微力ながらも、各先生方の診療の一助になれば幸いです。
※講演内容についてのお問合せは、info@tokyo-bayside-cl.jpまでお願いします。

ペンネーム 『幸運』 (四葉のクローバーの花言葉より引用)
2018.04.12

【かすみそう通信】花粉症について

こんにちは。東京ベイサイドクリニックです。
皆さんいかがお過ごしですか。

かすみそう通信では花粉症についてお話しさせて頂きます。
花粉症と言えばスギ花粉が良く知られていますが、まさにこの時期に
ピークを迎えています。現在、日本人のおよそ4人に1人が花粉症だと言われています。

そこで、症状と対策についてお伝えします。
花粉症の症状は鼻の三大症状と言われるのが、
くしゃみ、鼻水、鼻づまり。こうした症状は、風邪と間違われやすいのですが、
風邪であれば1週間程度で治るのに対し、花粉症は花粉が飛んでいる間は続きます。
また、さらさらとした水っぽい鼻水が流れることも特徴的です。
目の三大症状と言われるのが、目のかゆみ、目の充血、涙です。
その他にも、体がだるい、熱っぽい、イライラする、喉や顔、首がかゆい、
集中力が低下するといった全身症状を伴うこともあります。

花粉症の対策としては、薬物療法・レーザー手術・免疫療法の医療機関での治療と
花粉が多く飛んでいるシーズンは、外出時にはメガネとマスク、帽子を着用し
帰宅後すぐに玄関で花粉をよくはらい、洗顔・うがい・鼻をかみ花粉を落としましょう。
また、花粉が多く飛んでいる日には窓をあけたり、布団を外に干す事もひかえましょう。
この様にセルフケアと医療機関での対策を使用して
少しでも花粉症の症状を緩和していきましょう。

何かございましたら
ご相談下さい。

ペンネーム『感謝』(かすみそうの花言葉より引用)

2018.04.10

4/15(日)内視鏡強化医院の講師として院長が登壇します!

今度の日曜日、船井総研の内科経営研究会において、当院院長が内視鏡強化医院のゲスト講師として登壇します。

ご興味のある方は、船井総合研究所0120-958-270までお問合せ下さい。

2018.04.02

前人未到の実績です!

いつも数ある医療機関の中から当院の内視鏡検査をご用命頂き有難うございます。
お陰様で3月度は内視鏡検査数700件(胃428件・大腸272件)と、開院以来最多となる月間検査数を従来通り全て院長一人で、丁寧に安全に実施させて頂きました。
また、検査後の説明も患者様お一人5分以上かけて全ての画像を一枚ずつ詳しく解説し、必要に応じて生活習慣の改善指導や治療薬を処方させて頂きました。
開院後4年間・一診体制の医療機関では前人未到の実績であり、これも世間の皆様から当院の次世代内視鏡検査GEIIが認められた成果と考え、今後も驕る事なく全スタッフが全力で担当させて頂きますので、引き続き次世代内視鏡検査機関【東京ベイサイドクリニック】を宜しくお願い致します。

2018.04.02

【さくら通信】新年度が始まりました

こんにちは。東京ベイサイドクリニックです。

新年度が始まりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
新年度が始まると、就職や異動、 引越しなど、新しい環境で新しい生活を迎え、
ストレスや緊張を感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
冬から春にかけては気候の変動や日中と朝晩の寒暖の差が激しくなってきます。
この急な気温の変化が私たちの身体に様々な負担を与えることがあります。
代謝や体温調節などの働きを司っている自律神経は、気温の変化、
緊張やストレスが増えることで、バランスを崩してしまいます。
自律神経のバランスが崩れて、働きがうまくいかなくなると、体のあらゆる部分に不調が出てきてしまうのです。

自律神経の働きを整えるためには

1.睡眠をしっかりとり、生活リズムを整える
2.適度な運動を行う
3.リラックスする時間を作る
4.バランスの良い食事を

を意識して心掛けていきましょう。

胃腸に不調を感じたら当院へお気軽にご相談くださいね。

ペンネーム『おしとやか』(さくらの花言葉より引用)

2018.03.26

【ブルースター通信】春分の日

こんにちは。東京ベイサイドクリニックです。

 

 


皆さまいかがお過ごしでしょうか?


先週21()は春分の日でしたが、少しずつ暖かくなってきた所に

朝から雪まで降ったりとまだまだ気温が変わりやすいですね。

そもそも春分の日とは?

「自然を称え、生物を慈しむ日」

春分点を太陽が通る日で、太陽が真東から登って真西に沈む日。

そして、先祖を供養するお彼岸の中日になります。
春分の日にはぼた餅(おはぎと同じです)を食べる風習があります。

使われる小豆には、古くから悪いものを追い払う効果があるとされてきました。

昔からこの時期に小豆を使ったものを食べて自然やご先祖様に感謝してきたとの事で、

特にこの年度末に忙しい時期だからこそ感謝していきたいですね。


暦の上では既に春ですが、実際の3月はまだ肌寒い日も続きます。


体調管理に気をつけて過ごしていきたいですね。

 

 

 

ペンネーム『幸福な愛』 (ブルースターの花言葉より引用)

2018.03.21

ららぽーとHP内で当院アクセス数が3位!

ららぽーとHP内で、2月度全業種を通して当院のアクセス数が3位でした。
医療モールとしては眼科さん、皮膚科さんを抑えての1位であり、世間の皆様のスマート内視鏡に対する注目度の高さが伺える結果でした。
これを励みにより一層チーム全体で、下剤を飲まず早い【スマ鏡】の完成度を高めて行く所存ですので、引き続き次世代内視鏡検査機関の東京ベイサイドクリニックを宜しくお願い致します。

2018.03.19

【すずらん通信】寒暖の差による体調の変化について

こんにちは!東京ベイサイドクリニックです。

温かい日が続いたと思えば寒さがぶり返してしまったり…まさに「三寒四温」で寒暖の差の大きい時期ですね。

衣替えも大変ですし、風邪をひいてしまったり体調を崩しやすいですが、もうひとつ厄介なのは、気温差が心の健康にも作用するということです。人間の身体は移り気な気温に対応しようと頑張りますが、その時に活躍するのが自律神経系です。自律神経は心のバランスをつかさどる機能も持ち合わせていますが、そちらに手が回らなくなって、不安感やイライラ、そわそわ、憂鬱な気分に陥りがちとなってしまうのです。

そんな春のイライラ対策として、普段の飲み物をちょっと替えてみてはいかがでしょう。おすすめは、ジャスミン茶です。「茉莉花(まつりか)」という生薬名を持つジャスミンはイライラを鎮め、精神を安定させる作用があります。さらにウーロン茶やプーアール茶と同様に“温”の食材でもあるため、身体を温める作用も持ち合わせています。また、セロリは精神を安定させてイライラを解消する食材のひとつです。香り成分にも効果が期待できるため、食べる際はより香りを堪能しながら食べてみてください。 

気温の変化に負けず、3月を乗り切り、4月からの新生活もがんばりましょう!

ペンネーム『平穏』 (すずらんの花言葉より引用)

1 2 3 4 5 6 8