逆流性食道炎

胃食道逆流症(GERD)について

胃食道逆流症(Gastro Esophageal Reflux Disease;GERD)とは、胃の中の酸が食道へ逆流することで胸やけや呑酸、胸痛などの症状が起こったり、胃酸が食道粘膜を傷つけて食道炎を起こす疾患です。 食事をしてから2~3時間後に胃酸が逆流するので、食後から数時間経ってこのような症状が現れたら胃食道逆流症が疑われます。

胃食道逆流症の3つのタイプ

  1. 食道の炎症は無く、自覚症状があるタイプ
  2. 食道の炎症があり、自覚症状があるタイプ
  3. 自覚症状は無く、食道の炎症があるタイプ

胃食道逆流症は、大きく3つのタイプに分かれます。
近年、食生活の欧米化に伴い胃食道逆流症を発症する患者様が増加傾向にあります。
この疾患自体は、命にかかわるような重い病気というわけではありませんが、生活の質(QOL)に影響を与える恐れがあるため適切な治療を受けることが大切です。
食事や生活の習慣を改善・見直しを行ったり、薬物療法で食道炎や自覚症状の改善・治療を行いましょう。

胃食道逆流症と生活の質(QOL)

胃食道逆流症を患っている方は、胸やけや胸痛、咳、声枯れなどが慢性的に起こっているので、健康な人に比べて生活の質(QOL)が低下していることがわかっています。
成人のおよそ10~20%の方がこの病気を発症していると考えられています。
近年、胃食道逆流症を発症する方が増加傾向にある背景には、食生活の欧米化やピロリ菌感染が減少していることが原因と考えられています。
より快適な生活を送るために、正確な診断と適切な治療を早期に始めることが重要です。

胃食道逆流症が起こるメカニズム

胃は、胃の粘膜に守られているので胃酸で傷つくことはありません。 けれど、食道は胃酸に対して防御能力が無いので、胃酸によって食道粘膜が傷ついて炎症が起こってしまいます。
胃や食道の運動機能が低下していると、食道が胃酸にさらされる時間が長くなっていくので炎症が続いて逆流性食道炎を発症してしまいます。
胃と食道のつなぎ目部分は、下部食道括約筋によって胃酸の逆流が起こらないようになっています。食道裂孔ヘルニアがあったり、下部食道括約筋の働きが弱く運動機能が低下していると、胃酸の逆流が起こりやすくなります。
健康な人も、食事の後に胃酸が逆流することがありますが、逆流している時間は1日のうちわずか4%以下と短く、問題なく日常生活を送ることができます。
逆流した胃酸は、食道の蠕動運動ですぐに胃へと戻されます。けれど、胃食道逆流症の方は、食道の蠕動運動に問題が生じているため胃酸が食道にとどまって戻らずに食道が胃酸にさらされる時間が長くなってしまいます。
胸やけ、呑酸、喉枯れ、咳などの症状は、胃酸の逆流以外の疾患が原因で起こっている場合もあります。また、空気や胃液の逆流で逆流が起こっていることもあります。 食道粘膜のただれが無い非びらん性胃食道逆流症の方は、食道の視覚過敏があるため微量の胃酸や胃液の逆流でも強い症状が現れることがあります。

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは、胃の中の内容物が食道に逆流して炎症などが起こる消化器疾患です。食道と胃の間にある逆流を防ぐ仕組みが、加齢などによって衰えてしまうと、蠕動運動が正常に働かずに逆流を防ぐことができなくなります。
胃の内容物が食道に逆流してしまうと、食道の粘膜が胃酸によって炎症を引き起こして逆流性食道炎を発症します。
日本では、食の欧米化によって逆流性食道炎の患者数が年々増加しています。市販薬は、ある程度の症状改善が見込めますが、再発しやすく放置していると食道がんやバレット食道などの合併症を引き起こす恐れもあるため、医療機関を受診するようにしましょう。

主な症状

  • 呑酸
  • 喉枯れ
  • 胃もたれ
  • 胸痛
  • ゲップ

など

逆流性食道炎の原因

  1. 下部食道括約筋の弛緩
    胃と食道の間にある下部食道括約筋(LES)が加齢などによって衰えると、逆流を防ぐ締め付けが弱まってしまうことで、症状が起こります。
  2. 食道裂孔ヘルニア
    食道裂孔は、横隔膜にある食道の通り道にあって、逆流を防ぐ役割を担っています。食道裂孔が加齢によって弛緩すると、胃が胸部にはみ出して食道裂孔ヘルニアを発症して、胃の内容物が食道に逆流しやすくなります。
  3. 胃の圧迫
    肥満やウエストの締め付け、重いものを持ち上げる動作、妊娠などが原因で、胃に圧力が加わることで、逆流性食道炎の症状が起こります。

検査

逆流性食道炎の症状は、胃がんや食道パレット、胃炎、胃潰瘍などほかの消化器疾患との区別がつきづらく、確定診断のためには、胃内視鏡検査を行う必要があります。内視鏡検査では、食道裂孔ヘルニアや胃・食道の炎症の有無まで、状態をしっかりと確認することができます。
当院では、患者様の身体への負担をなくして楽に受けられる無痛胃カメラ検査を行い、病気の確定診断と適切な治療をご提供しております。

治療について

逆流性食道炎の治療では、胃酸の分泌を抑える薬の服用や生活習慣の改善を行います。

薬物療法

胃酸分泌を抑える薬を用いて、症状を改善させます。逆流性食道炎は、再発しやすいため症状がなくなったからといって自己判断で薬の服用を中断することなく医師の指示に従い服用期間を守りましょう。

生活習慣改善

胃酸過多をおさえるために食事制限を行ったり、肥満の方は腹部の圧迫を減らすために運動をして肥満解消することで症状の改善や再発予防につながります。

  • アルコールを控える
  • 禁煙
  • 脂肪の多い食事を控える
  • 食後にすぐ横にならない
  • 寝る時に、少し上半身を高くする
  • ベルトなどでおなかを締め付けすぎないようにする
現在の内視鏡予約状況
24時間WEB予約24時間WEB予約外来WEB予約外来WEB予約TEL.0120-52-5489診療カレンダー