下剤を飲まない無痛内視鏡センター

無痛内視鏡センターの動画を見る

無痛内視鏡センターの特徴

「下剤を飲まない無痛内視鏡センター」では食道・胃内視鏡、大腸内視鏡、膀胱鏡検査を完全無痛下に行い、上・下部消化管および膀胱内における疾患の早期診断・治療を行っております。
特に【下剤を飲まず早い】胃・大腸内視鏡検査では、2Lの下剤を飲まず2~3時間短縮して、体に優しく胃・大腸がん検診および予防が可能です。
また、事前受診不要なワンストップ検査のため、全国・海外からも多数ご来院されております!
2013年11月の開院以来、当院の症例は、年齢9~91歳、体重26~210kgと多岐に渡り、全ての患者様が院長により一切の苦痛無く、精度の高い内視鏡検査を実施・提供させて頂いております。
尚、麻薬や麻酔薬は一般的な無痛内視鏡検査の1/4~1/3とごく少量ですが、内視鏡検査薬剤として広く多用されている鎮静剤の点滴注射と、圧倒的実績に基づく院長の熟練した挿入技術により検査中は完全無痛となり、検査直後すぐに目も覚めますのでご安心下さい。
検査後の説明も院長が全ての画像を一枚一枚ご覧頂きながら、患者様一人5分以上かけて丁寧に行います。

当院の胃内視鏡は全てハイビジョン高画質対応であり、精度の高い胃がん検診をはじめ、必要に応じてピロリ菌迅速診断、異物除去術、止血術、胃ろう造設術なども可能です。
一方、大腸内視鏡は拡大視機能を備え、ポリープ性状を詳しく観察する事でより正確な内視鏡診断が可能となり、熟練した無送気軸保持短縮法と後述する院長独自の左手操作法を併せ、業界最高水準の胃・大腸内視鏡検査を行っております。
当院はららぽーと館内にあるため、診療の合間や待機時間にお買物やお食事を済ませるための館内待機・呼出も可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

業界最高水準の内視鏡治療を行います!

非常に丁寧で繊細な挿入技術と適切な鎮静薬の使用により、苦痛が全く無い内視鏡検査が受けられます。
ダブルアングルストロークを多用した無送気軸保持短縮法をベースに、徹底的に効率化された治療手技と合理的な専用器具の選択により、業界最高精度の内視鏡治療を行って参ります。
絞める(絞扼)、剥がす(剥離)、止める(結紮)などの内視鏡下操作が自由自在にピタッと極まり、極めて精度の高い治療が可能です。
その秘訣は、内視鏡治療の際に右手が内視鏡を手放さずとも左手で(正確には人差指と中指間に挟んで)処置具を操作できるためです。
この手技を習得している内視鏡医を自分以外にいまだ存じ上げませんが、非常に有効な手技であるため大学病院や総合病院在職中には修練医や研修医に指導しておりました。
私自身は誰かに教わって習得した訳ではなく、検査中の処置で両手が内視鏡を持つのに塞がっている状況で、もう一本手があれば良いのにと感じる事が多々あり、そのような中で検査中の処置を数多く行っているうちに自然とこの手技を体得致しました。
これらの技術を駆使して、現在までに70,000件以上の内視鏡実績があり、更に日々診療技術の向上に努めておりますので、内視鏡検査はぜひ当院までご相談下さい。
尚、当院で可能な内視鏡治療は以下の通りです。

  • 胃・大腸・膀胱ポリープ切除術
  • 胃ろう造設術・交換
  • 消化管止血術
  • 消化管狭窄拡張術
  • 消化管点墨・マーキング術
  • 異物除去術

無痛内視鏡センターの診療実績

2014年度(開院1年目)

胃カメラ ピロリ除菌 大腸カメラ 下剤内服 下剤注入 内視鏡手術 内視鏡件数 腹部超音波
4月 37 9 13 10 3 7 50 96
5月 44 8 25 24 1 14 69 107
6月 52 18 23 18 5 9 75 86
7月 52 10 18 16 2 4 70 95
8月 88 21 39 35 4 12 127 81
9月 102 16 63 57 6 10 165 78
10月 107 24 61 48 13 16 168 74
11月 149 28 78 61 17 33 227 89
12月 151 28 97 82 15 30 248 84
1月 149 39  72  45  27  20  221  94
2月 178 31 91  38  53  26  269 108
3月  175 35  107  53  54  30  282  100
2014年度
合計(件)
1,284 267 687 487 200 211 1,971 1,092

大腸肛門病専門機関/週1日3時間勤務:胃カメラ169件/大腸カメラ370件

2015年度(開院2年目)

胃カメラ ピロリ除菌 大腸カメラ 下剤内服 下剤注入 内視鏡手術 内視鏡件数 腹部超音波
4月 163 27 86 39 47 30 249 102
5月 175 24 129 55 72 34 304 128
6月 211 37 140 51 89 31 351 108
7月 174 25 118 39 79 29 292 110
8月 210 42 137 65 72 38 347 125
9月 174 19 128 57 71 37 302 122
10月 268 33 162 70 92 31 430 151
11月 241 48 154 71 83 38 395 126
12月 242 33 170 79 91 39 412 143
1月 206 32 177 92 85 56 383 146
2月 238 40 167 75 92 62 405 135
3月 257 34 200 105 95 58 457 140
2015年度
合計(件)
2,559 394 1,768 798 968 483 4,327 1,536

大腸肛門病専門機関/週1日3時間勤務:胃カメラ158件/大腸カメラ347件

2016年度(開院3年目)

胃カメラ ピロリ除菌 大腸カメラ 下剤内服 下剤注入 内視鏡手術 内視鏡件数 腹部超音波
4月 223 28 166 73 93 58 389 136
5月 252 46 167 80 87 66 419 166
6月 255 30 177 83 94 53 432 197
7月 295 45 197 105 92 68 492 206
8月 203 31 145 69 76 50 348 137
9月 290 44 192 96 96 70 482 184
10月 317 41 195 87 108 56 512 186
11月 281 38 200 104 96 66 481 173
12月 286 30 179 78 101 73 465 215
1月  298 44  196  97  99  70  494  123
2月  298 46  189  78  111  57  487  111
3月 322 36 215 77 138 77 537 140
2016年度
合計(件)
3,320 459 2,218 1,027 1,191 764 5,538 1,974

大腸肛門病専門機関/週1日3時間勤務:胃カメラ131件/大腸カメラ311件

2017年度(開院4年目)

胃カメラ ピロリ除菌 大腸カメラ 下剤内服 下剤注入 内視鏡手術 内視鏡件数 腹部超音波
4月 241 33 180 74 106 62 421 110
5月 256 26 170 50 120 54 426 120
6月 306 39 226 66 160 84 532 117
7月 313 35 211 70 141 77 524 111
8月 279 32 193 64 129 53 472 105
9月 314 34 236 87 149 75 550 116
10月 354 35 224 76 148 96 578 93
11月 323 34 218 53 165 70 541 116
12月 369 22 231 61 170 87 600 178
1月 342 12 234 61 173 79 576 124
2月 347 24 249 56 193 88 596 193
3月 428 34 272 69 203 104 700 234
2017年度
合計(件)
3,872 360 2,644 787 1,857 929 6,516 1,617

大腸肛門病専門機関/週1日3時間勤務:胃カメラ113件/大腸カメラ270件

2018年度(開院5年目)

胃カメラ ピロリ除菌 大腸カメラ 下剤内服 下剤注入 内視鏡手術 内視鏡件数 腹部超音波
4月 321 34 208 37 171 84 529 177
5月 359 23 228 41 187 80 587 188
6月 378 29 252 50 202 90 630 185
7月 405 29 268 65 203 90 673 224
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
2018年度
合計(件)
1,463 115 956 193 763 344 2,419 774

大腸肛門病専門機関/週1日3時間勤務:胃カメラ-件/大腸カメラ-件

■近年、当院近隣の大腸内視鏡受診者は【下剤なし】をその楽さ故に希望される方が急増しております。

■開院5年目で一診体制の胃・大腸内視鏡実績としては、調べえた限り全国1位となります。

■【下剤を飲まず早い】大腸カメラ検査数は、全国1位は元より前人未到の実績となります。

イタクナイこども内視鏡室

当院では体重25kg以上の小児に対して、軽い鎮静剤のみで完全無痛胃・大腸カメラの同日検査が可能です。
開院3年目時点での最年少受診者は10歳,身長127cm,体重26kgであり、一切の苦痛無く胃・大腸内視鏡の同日検査を受けられました。
特に親御様がピロリ菌感染者であった場合は、早ければ2歳までにはピロリ菌の母子感染が成立していると言われており、お子様もピロリ菌の感染期間が長くなるほど胃粘膜の萎縮が進行して、将来、胃癌のリスクが高まってしまう事がありますので、お子様のピロリ菌感染が心配な方など、お気軽にご相談下さい。

本来、大学病院などでは全身麻酔下に行っていた小児内視鏡検査・治療を、当院では院長の熟練した内視鏡技術と適量鎮静薬により、全く痛みなく、短時間で検査・治療が終了します。勿論、入院不要で日帰りで安全に実施しており、これまでにも多数の実績がありますので、大切なお子様の内視鏡検査はぜひ当院までご相談下さい。

無痛内視鏡センターで検査を受ける

食道・胃内視鏡検査(胃カメラ)

食道・胃内視鏡検査は通称「胃カメラ」とされています。
先端についている超小型のカメラで胃の調子を画面に映し出して検査を行います。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸内視鏡検査は肛門から内視鏡を挿入して大腸全体を直接観察する検査です。
内視鏡の先端には、小型の高精度カメラが備えられており、
大腸がん・大腸ポリープなどの疾患を見つける、診断するのに非常に有効です。

膀胱鏡検査

内視鏡を、尿道口から挿入して、尿道と膀胱を観察する検査です。
炎症や腫瘍を観察することで、
炎症や腫瘍などの病変を早期発見することが可能です。