過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome:IBS)とは、お腹が痛い、お腹の調子が悪い、便秘や下痢などの便通異常といった症状が 数か月以上続いている時に考えられる疾患です。
過敏性腸症候群は、自覚症状があって大腸に腫瘍や炎症が無いことが前提となります。
この病気は、命にかかわる重篤な疾患というわけではありませんが、症状が原因で生活の質(QOL)の低下や日常生活に支障をきたすことが多いため、 適切な治療で症状を改善することが大切です。
慢性的な便秘や下痢は体質だからとあきらめずに、一度検査にお越しください。

過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群のはっきりとした原因は、まだわかっておりません。食事や腸内細菌の乱れ、ストレス、遺伝、消化器粘膜の異常など様々な原因が関係しているといわれています。
腸は、食べ物を肛門へと移動させる腸の収縮運動と腸の変化を敏感に感じ取る知覚機能が備わっていて、食べ物を消化・吸収しながら不要なものを体外へ排出します。ストレスや腸内細菌の乱れなどの刺激を受けると、腸の収縮運動や知覚機能が影響を受けて便秘や下痢、腹痛などの症状を引き起こします。
また細菌やウイルスに感染した後は、過敏性腸症候群を発症しやすいということがわかっています。これは、感染することで腸の粘膜が弱くなり腸内細菌の変化が起こって知覚機能が敏感な状態になる事が原因とされています。

症状

腹痛、便秘、下痢、お腹の張り、ガスが溜まるなどの症状があり、睡眠中には症状が落ち着くのが特徴です。
症状のあらわれ方によって、便秘型、下痢型、便秘と下痢を繰り返す混合型、膨満感型(ガスが溜まる)に大きく分かれます。

診断方法

国際的に用いられているローマ基準Ⅲを用いて、過敏性腸症候群の診断を行います。

IBSの診断基準(ローマⅢ基準)

直近3か月の間で、月に3日以上おなかの痛みや不快感が繰り返し起こり、
さらに下記の中で2つ以上当てはまる

  • 排便すると症状が和らぐ
  • 症状とともに排便回数が増えたり減ったりする
  • 症状とともに便の形状が硬くなったり柔らかくなったりする

ローマ基準による診断だけでは、正確に診断を付けることが難しく確定診断のためには大腸カメラで炎症や腫瘍が無いかを調べる必要があります。

IBSの確定診断なら大腸カメラ検査

便秘や下痢、腹痛の症状があって、炎症性腸疾患(クローン病や潰瘍性大腸炎など)や大腸がん、大腸ポリープなどの疾患がない場合、過敏性腸症候群の確定診断が行えます。 血便、発熱、体重減少といった症状も同時に起こっている場合は、他の大腸疾患が考えられます。
検査では、ローマ基準Ⅲだけでなく大腸カメラ検査で大腸粘膜に炎症や潰瘍があるかを調べることで、正確な診断を行うことができます。
また、甲状腺機能異常症や糖尿病性神経障害、寄生虫疾患などが原因で症状が現れていることもあり、問診にて症状をお伺いした上で必要に応じて血液検査や尿・便検査を行う場合があります。

治療方法

薬物療法

下痢型、便秘型、混合型、ガス型のタイプや症状に合わせてお薬の処方を行います。
便の硬さや水分量を調整するもの、腸内細菌叢を改善するもの、腸の蠕動運動を抑制するものなど、様々なお薬の中から症状に合わせて最適なものを処方していきます。
ストレスや緊張によって症状が強く現れている場合は、不安を改善するためのお薬の使用も検討します。激しい下痢や腹痛の予兆を感じた時に服用することで、症状を軽減するお薬などもありますので、症状でお困りの方はご相談ください。薬の効果には個人差がありますので、再診の際には症状についてお伺いしながら処方を調整していきます。

生活習慣の改善をアドバイス

下痢や便秘は、生活習慣や食事の内容に気を付けることで、症状の改善が見込めます。暴飲暴食、脂肪分や香辛料の多い食事を控えて、こまめに水分補給をしたり、軽い運動やストレッチをおこなうことで便通異常の改善や再発防止につながります。

現在の内視鏡予約状況
24時間WEB予約24時間WEB予約外来WEB予約外来WEB予約TEL.047-495-0013TEL.047-495-0013