ピル処方

ピルについて

ピルについてピルを飲み始める前に、最も重要なことは「検査」です。安全性の高いお薬ですが、稀に重篤な副作用を起こす可能性があり、そのリスクは検査を受けることでわかります。枚にc次のみ続けるからこそ、お身体に悪影響が出ることはないか、飲み続けて大丈夫かどうかを事前にしっかり確かめることが不可欠なのです。こうした検査をないがしろにして安易にお薬を出す医師もいると伝え聞いたことがありますが、これは決してしてはいけないことです。
当院では、患者さまのお身体を第一に考え、こうした検査を定期的に受けていただくようおすすめしています。低用量ピル処方に必要な血液検査は初診時のみであり、再診時の血液検査は任意です。検査の所要時間は、30分から1時間程度です。

お悩み別処方

お悩み別処方当院は女性の味方として、お悩みに応じた処方を行っています。
なんでもご相談ください。

生理日をコントロールしたい

  • 結婚式、ハネムーン、パーティなど大事なセレモニーに生理日があたらないようにしたい
  • 修学旅行、海外旅行、温泉旅行など、旅行中に生理が重ならないようにしたい
  • スポーツの競技会、ダンスのコンテストなど大会や発表会から生理日をずらしたい
  • 大事な試験や面接、お見合いなどを万全の体調で迎えたい

女性特有の悩みを解決したい

  • つらい更年期症状を改善したい
  • 生理不順で予定を立てられない
  • 生理痛や生理前の症状がつらい
  • 大人ニキビができやすい
  • ライフスタイルや体質に合ったピルを選びたい
  • 毎月通う時間の余裕がないので、まとめてほしい
  • ショッピングなどのついでに受け取りたい

ピルの処方

初診時にはピルを1~2ヶ月分お渡しします。それを服用されている間に副作用などが無い事を確認できたら、次回からは6ヶ月分まで処方可能です。
低用量ピルで特にマーベロンを使用した場合、出血などの副作用が続くようでしたら婦人科の受診をおすすめしています。

低用量ピル

妊娠を望まない女性が服用して、性交渉による妊娠を防ぐ経口避妊薬です。男性が使用するコンドームと違い、妊娠する可能性がある当事者の女性が、自分の意志で避妊できるという特徴があります。

マーベロン21・28

<相性>
  • マーベロン21は、お薬を飲むのを休む休薬期間があるタイプです。21日間連続で1シートを飲み終え、その後は7日間お薬を飲むのを休み、次のシートの1日目からまた飲み始めて21日間連続飲み続け、再び7日間休むというサイクルを繰り返します。この間に、消退出血という見かけの月経がやってきます。
  • マーベロン28は、マーベロン21とまったく同じ21錠の錠剤に、薬成分が含まれてない偽薬(プラセボ錠)が7錠加わって、合計28錠になったお薬です。効果は同じですが、休薬期間があると次のシートを飲み忘れることがあるため、毎日習慣的に1錠のお薬を飲むことで、規則正しい服用を無理なく続けられるようになっています。
    なお、最後の7錠分には成分が入っていませんので、28日間飲み続けても、7日間の休薬期間をしっかり取ったのと同じになります。
    低用量ピルをはじめて飲む方、休薬期間明けの飲み忘れが心配な方には、マーベロン28をおすすめしています。そして、休薬期間をしっかり取れて、飲む錠剤を少しでも減らしたいという方には、マーベロン21をおすすめします。

トリキュラー錠21・28

<相性>
  • 日本で処方が一番多いポピュラーなピルです。トリキュラーなどのピルは、避妊が目的とされており、自費扱いになります。
  • 女性のホルモンバランスに合わせ、ホルモン量を変更できるため不正出血が少なくなっています。
  • カレンダータイプでわかりやすいため、飲み間違いや飲み忘れが少なくなっています。
  • トリキュラー錠21錠タイプは、3週間(21日間)服用し、7日間休薬して、8日目からまた21錠の新しいシートを飲み始めます。
  • トリキュラー錠28錠タイプは、3週間(21日間)服用し、7日間はプラセボ(偽の薬)を服用して、8日目からはまた28錠の新しいシートを始めるタイプです。休薬明けの飲み忘れが心配という方には28錠タイプをおすすめします。
  • トリキュラーを飲んでいて吐き気などが起こった場合、アンジュに変えることでそうした症状がなくなる場合があります。トリキュラーとアンジュは成分が同じですが、プラセボ効果により製剤を変えることで副作用がなくなることがあります。

アンジュ21・28

<相性>
  • トリキュラーと成分や量は同じですが、製剤配列がトリキュラーと異なっており、アンジュはサークル型です。
  • アンジュ21は「スタート」と書かれた「1」という数字の赤褐色の錠剤から飲み始めます。毎日番号順に1錠ずつ飲み、赤褐色6日間→白色5日間→黄色10日間と連続で服用します。赤褐色・白・黄色を21日間で全て服用したら、7日間お薬を飲まない休薬期間を取ります。休薬期間の7日間が終わったら、新しいシートの1日目からまた赤褐色・白・黄色と21日間連続で飲んで7日間休むというサイクルを避妊が必要な期間分続けます。
    アンジュ21を初めて飲み始める場合、初日から避妊の効果を得るためには生理の1日目(月経初日)に1錠目を飲み始める必要があります。初めて飲む際に、月経初日より飲み始める時期が遅れてしまった場合、飲み始めから最初の1週間はコンドームなど、ほかの避妊方法を併用しなければなりません。
    アンジュ21はできるだけ毎日同じ時間に飲むことが重要ですので、毎日継続して飲みやすい時間帯を決めておいて、必ずその時間に飲むようにしましょう。
    なお、2シート目からは休薬期間の7日が開けたら休薬期間に見かけの生理(消退出血)が来なくても飲み始めてください。
    アンジュ28はお薬を飲まない期間(休薬期間)に成分の入っていない偽薬を飲むため、休薬明けの飲み忘れを防ぎます。

ヤーズ

<相性>
  • 相性の月経困難症治療薬であり、保険薬です。ただし、患者さまがお支払いになる費用はほぼ同じです。
  • 生理痛などがある方に向いた薬剤です。
  • 比較的むくみにくいのが特徴で、PMSやニキビなどの改善効果も報告されています。
  • ヤーズの服用方法は、ほかの低用量ピルと同様、生理が始まった初日から飲み始め、28日間毎日続けて飲み続けます。ヤーズは、毎日同じ時間に飲むことが重要です。継続して飲みやすい時間を決めてお飲みください。
    見かけの生理(消退出血)は、偽薬を飲んだ2日目ぐらいに始まります。1シート28日分を飲み終わった後は、生理がまだ続いていても次のシートを飲み始めて構いません。そして、偽薬は飲み忘れたとしても心配ありません。
<低用量ピルの副作用>
  • 不正出血(生理や見かけの生理ではない出血)
  • 乳房の張り
  • 乳首の痛み
  • 発疹・蕁麻疹
  • 吐き気(超低用量ですので、比較的吐き気が少ないとされています)嘔吐、倦怠感
  • 頭痛、腹痛
  • 眩暈、動悸、息切れ
  • 食欲増進による体重増加

※喫煙者、そして心臓や血管の病気にかかったことのある方は、併用量ピルのリスクが高まってしまうため、使用をお控えください。

ルナベルLD配合錠

日本で初めて登場した1相性の月経困難症治療薬であり、保健薬です。このULDは超低用量製剤です。
生理痛などの月経困難症に適応があり、21錠の実薬を飲んだ後、7日間休薬するタイプです。

緊急避妊

低用量ピルいわゆるアフターピルと呼ばれるもので、「運悪く、コンドームが破れてしまった」といったケースで望まない妊娠を避けるために用いる緊急避妊薬です。ホルモン剤を服用することで受精卵の着床を防ぎます。72時間以内に服用する必要があるため、当院では土日祝日も緊急避妊のご相談を受けられるようにしています。

ノルレボ錠

平日:¥19,900円 ※土・日・祝日アフターピルは+¥5,000円

  • 白色の錠剤です。1シートに1回分である1錠が収められています。
  • 性交後72時間以内に、1錠を服用します。
    服用する時刻や時間帯は特に定められていませんが、できるだけ早く服用します。
<副作用>

不正子宮出血、頭痛、吐き気、倦怠感、眠くなるなど

月経移動 中用量ピル

月経移動 中用量ピル平日:¥9,900円 ※土・日・祝日アフターピルは+¥5,000円

月経が重なると困るイベントやセレモニーの予定がある時に、月経をずらす方法です。結婚式やハネムーン、海外旅行、温泉旅行、スポーツの大会、発表会、受験などの際に月経がぶつからないようにコントロールします。

<ホルモン剤の重篤な副作用>

※血栓症
ホルモン剤服用の重い副作用には血栓症があります。これは、命にかかわる可能性もある副作用です。検査や問診でリスクが高くないかどうかを調べることができます。
服用を始めてから、頭痛・めまい・眼の異常・胸痛・息切れ・腹痛・手足やふくらはぎの痛みといった症状があった場合、内服を中止して、すみやかにご連絡下さい。

 血栓症の予防
  •  長時間同じ姿勢を続けない(飛行機、長距離ドライブ、デスクワークなど)
  • 適度に運動する
  • 喉が渇く前に水分補給
  • 禁煙も効果的