大腸ポリープ切除術

大腸ポリープとは【大腸がん予防】

ポリープ大腸の粘膜から飛び出ているものを大腸ポリープといい、腫瘍性ポリープと非腫瘍性ポリープに分けられます。
非腫瘍性ポリープには、腸炎などの炎症のあとにできる炎症性ポリープや、加齢による過形成性ポリープなどがあり、がんになることはほとんどありません。
腫瘍性ポリープは、良性ではほとんどが腺腫と呼ばれるもので、悪性の大半は「がん」ということになります。 大腸がんのなかには、腺腫という良性腫瘍であるポリープが悪性化・がん化したものが多いため、 腺腫は将来「がん」に進行する可能性があります。
そのため、我々内視鏡医はこの腺腫の段階で切除して、がんの「芽」を摘んでしまう事こそが【大腸がん予防】であると信じて日々働いております。

大腸がんになる前に

食生活の欧米化などにより、日本では大腸がんが急激に増えています。大腸がんの大半は、
大腸ポリープを放置して生じています。しかし、大腸ポリープの段階であれば、大腸内視鏡検査の際に、比較的簡単に切除して治すことができるのです。
ひと昔前には、ポリープ切除を大学病院や地域の基幹病院で手術を受ける必要があり、その際に1泊~数日間の入院が不可欠でした。ところが最近は医療機器や技術が各段に進化し、内視鏡検査のついでに日帰りでポリープを切除できるようになっています。
日帰り手術は、患者さまにとって経済的、精神的、時間的負担が大きく軽減されますし、国家予算の視点からも医療費の節減に役立っています。

日帰り大腸ポリープ切除術

ポリープ

ポリープ

当院では、大腸内視鏡を使ったポリープ切除にあたって、出血や腸に穴が開く穿孔のリスクを下げ、不十分な切除を防ぐために、きめ細かく配慮を行っています。切除したポリープは組織検査を行います。
切除の際にはポリープ直下に生理食塩水を注入して病変部をしっかり盛り上げます。盛り上がったポリープの根本にスコープを通じて挿入したスネアというワイヤーを締め付け、高周波電流によって焼き取ります。熱が後壁に伝わりにくいため、術後の出血や穿孔リスクが低減しますし、ポリープを確実に取り去ることができます。また、切除後の傷口は止血クリップを使って縫合することで、術後の出血や穿孔リスクをさらに低減させています。
※大腸ポリープ発見時、希望者には切除術の動画CD提供も可能です(別途5,000円)。

実際の動画を見る◆3症例

 
 

切除術後の注意点

治療前の食事制限の影響で低血糖になっており、洗腸下剤による脱水症状も起こりやすくなっています。そのため、ご帰宅前に甘いものや水分を補給する必要があります。

ご帰宅後は以下のような点にご注意ください。 

<食事>

切除したポリープの大きさや形状や個数により異なってきますが、術後の安静期間(大抵は2~4日)中は当院指定のお粥・うどん・ゼリーなど、消化の良いもの以外は食べないようにして下さい。
刺激物や脂っこいものは安静期間2~3日、控えます。

<アルコール>

治療後1週間は禁酒してください。

<入浴>

治療後2~3日はシャワー程度に留めます。その期間の長風呂は厳禁です。

<運動>

腹圧がかかる強い運動、ジョギングやゴルフ、水泳などは治療後1週間程度控えます。

帰宅後に万が一異変があった場合

当院ではポリープ切除術を受けられた患者様全員に、院長の24時間365日連絡可能な緊急連絡先の携帯番号をお伝えし、緊急受診が必要となった場合でも状況が確認できる診療情報提供書をお渡ししておりますので、万が一帰宅後に出血や腹痛などの異変があった場合でも速やかに然るべき対応が可能です。
また船橋市近隣にお住まいの患者様に関しましては、院長が船橋市夜間休日急病診療所の外科医師である事から、必要に応じて即座に受診・処置などの対応も可能ですので、ご安心して検査を受けて頂けます。