新着情報

2018.09.24

【さくら通信】大腸ポリープ切除術について

皆様こんにちは。東京ベイサイドクリニックです。

今回は大腸のポリープ切除術についてお話ししたいと思います。

当院では大腸にポリープが見つかった際、医師が要切除と判断した場合に日帰りでポリープを切除することができます。

高周波電流を用いて焼灼して切除をしていた従来のポリープ切除術に加えて、高周波通電を行わずに非通電のまま、物理的な絞扼のみで切除する『コールドポリペクトミー』を当院では数年前より導入しております。

『コールドポリペクトミー』は切除術後,少量の粘膜出血を認めますが,通常の高周波通電による大腸ポリープ切除術に比べて遅発性出血が起こるのは稀で、焼灼により生じる熱傷が発生しないことで、ポリープ切除術後の便通異常や腹部違和感などの消化器症状や出血が少ないという利点が挙げられます。

ポリープ切除術後の患者様の身体のご負担を減らすことができる術式です。

医師の熟練した挿入技術と適量の鎮静薬により、大腸内視鏡検査中も、眠ったまま苦痛なく検査を終えることができます。健診結果で大腸内視鏡検査を勧められた、大腸に不安を感じる方はぜひご相談ください。

*ポリープの大きさや性状によりコールドポリペクトミーが適さないこともございます。

ペンネーム『おしとやか』(さくらの花言葉より引用)

現在の内視鏡予約状況
24時間WEB予約24時間WEB予約外来WEB予約外来WEB予約TEL.0120-52-5489診療カレンダー