新着情報

2018.09.18

【ブルースター通信】当院の完全無痛胃カメラ検査について

こんにちは。東京ベイサイドクリニックです。

9月に入り暑い日寒い日と変化の多い中、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は私自身も体験しました当院の完全無痛胃カメラ検査についてお話したいと思います。

看護師による問診にて、事前に記載頂いた問診票を元に内容の確認(気になる症状や内服中の薬等)と検査の流れを説明致します。疑問点がございましたらその場で対応し検査に対する不安を解消できるよう努めます。

②胃の泡消しのお薬を飲んで頂きます。(そうする事でカメラが見やすくなります。)

③腕の血管に留置針(柔らかい管)を入れさせて頂き、そこから採血・点滴・注射が一本で行えるようにしていきます。

④ベルトを外しチャックを緩めて検査の体制(左側を下にして横向き)になります。首もとが汚れないよう上からタオルを掛けます。

 ⑤検査が始まる際にマウスピースを歯で軽く噛みます。(口を開けるのがお辛い場合は小さめのマウスピースもございます。)

 ⑥院長にてお薬を注射し、しっかり眠られてるのを確認してから検査開始になります。

 ⑦次にお目覚めになられた際には、点滴が繋がれて横になって休まれている状態になります。

 ⑧眠気が取れ、ご気分に問題ないかを確認し支度して頂きます。

 ⑨検査中の写真を見ながら院長にて結果の説明を致します。

会計時に検査中の写真と説明用紙等もお渡しします。

 胃カメラ検査のみでしたら、このような流れになります。

 

 実際に問診をさせていただきますと、まず当院で検査を受けられる理由として

・何年も前にやった胃カメラ検査が辛くて受けたくてもなかなか受けられなかった

・バリウム検査が辛くて受けられなかった

・他院にて薦められた

・胃カメラ初めてだが、周りからは「辛かった」意見を聞きインターネットで調べた

・当院で検査を受けた方から薦められた

・前回当院で検査を受けたので今回も受けに

 といった方が多いと感じます。

よく「他の皆様はどんな理由で検査を受けられていますか?自分と同じような理由でこられる方もいますか?」と気にされている方もいらっしゃるため、参考までに書かせていただきました。

 私自身人生初の胃カメラ検査をしたのが当院でしたが、検査中の記憶もなければ苦痛もないため、気付いたら終わっている状態でした。

 胃カメラ検査を受けたいけれど不安な方はぜひ、当院へご相談頂ければと思います。

 

 ペンネーム『信じ合う心』(ブルースターの花言葉より)

現在の内視鏡予約状況
24時間WEB予約24時間WEB予約外来WEB予約外来WEB予約TEL.0120-52-5489診療カレンダー