新着情報

2018.09.10

【すずらん通信】下剤を飲まない胃カメラ・大腸カメラについて

 

こんにちは。東京ベイサイドクリニックです。

 

まだまだ暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

本日は、当院で行っている下剤を飲まない胃カメラ・大腸カメラ検査終了までの流れについてお話しさせて頂きたいと思います。

 

  • 1.受付後、荷物をお預かりします。
  • 2.看護師による問診があります。お困りの症状、現病歴、既往歴など伺わせて頂きます。
  • 3.採血し、血管内に薬剤が投与できるよう柔らかい管を留置します。
  • 4.検査室で眠った状態で胃カメラの検査をします。その際胃カメラの最後に下剤を直接お腹の中に注入します。
  • 5.胃カメラ終了後、点滴をしながらお休み頂きます。だんだんトイレに行きたくなってきますので行っていただき、お腹の中がきれいになったら大腸カメラの準備完了です。
  • 6.大腸カメラの検査着に着替え、眠ったまま大腸カメラの検査を行います。
  • 7.検査点滴をしながらお休みし、目が覚めてきたらお着替えして頂きます。
  • 8.医師による結果の説明を聞いていただき、終了です。

 

流れが分からず、不安に思いながら来られる患者様もおられたので、書かせて頂きました。少しでも不安の軽減ができれば幸いです。検査自体は、私も体験しましたが全くの無痛です。検査を受けたという実感がなく感動して下さる方が多いです。18Lの下剤の服用せずにできるので、下剤が辛くて大腸カメラを断念している方、検査の苦痛が心配な方にもおすすめです。ぜひご相談下さい。

 

ペンネーム 『平穏』(すずらんの花言葉より引用)

 

 

 

 

現在の内視鏡予約状況
24時間WEB予約24時間WEB予約外来WEB予約外来WEB予約TEL.0120-52-5489診療カレンダー