禁煙外来

禁煙外来について

煙草はさまざまな病気のリスクを上げることがわかっていますが、おひとりで禁煙を成功させるのは難しいものです。
禁煙外来は、煙草をやめたいとお考えの方を医療でサポートする専門外来です。
「禁煙しよう」と思ったら、禁煙外来にご相談ください。

煙草に関する病気

ぜんそく、高血圧、がん、糖尿病など様々な病気が喫煙に深く関係しているとされていますが、ここでは特に注意が必要な病気についてご紹介しています。

肺がん

肺がんは、日本人のがんによる死亡数第1位になっており、危険因子の中で最も影響があるのが喫煙だとされています。ほかにも肺がんになる危険因子には、加齢や家族歴、呼吸器疾患などがありますが、肺がん患者の8割が喫煙歴を持っているとされています。

動脈硬化

動脈という血管の壁が厚く、硬くなり、血液が通りにくくなったり、血液が全く通らなくなる状態を引き起こすのが動脈硬化です。
喫煙は動脈硬化になりやすくする悪玉(LDL)コレステロールを血管にためやすい状態を作ります。さらに、喫煙には動脈硬化を防ぐ善玉(HDL)コレステロールを減らす作用もあるため、動脈硬化のリスクが高まり、悪化しやすくなると言われています。

心筋梗塞

心筋は心臓の筋肉のことで、心筋梗塞は心筋に酸素を送っている冠動脈という血管が詰まることで、心筋に酸素が届かず不足してしまうことです。喫煙は動脈硬化を進ませやすいため、冠動脈が詰まるリスクも上昇します。そのため、喫煙者と非喫煙者を比べた場合、喫煙者の方が心筋梗塞を起こすかのうせが高まります。

脳卒中

脳の血管が詰まったり、破れたりして、その先に酸素や栄養を届けられなくなり、脳細胞が死んでしまうのが脳卒中です。どの部分の血管にトラブルが起こるかによって後遺症はさまざまですが、寝たきりになったり、命を失うケースもあります。

COPD

COPDは「煙草病」と言われることもあるほど喫煙と関係が深い病気で、慢性気管支炎と肺気腫という2つの病気を含みます。実に原因の90%は喫煙だとされており、喫煙歴がある方の20%が発病していると言われています。気管支に起こった炎症によって肺胞が破壊され、呼吸しにくくなるという症状が現れます。

妊娠・出産への影響

喫煙が不妊リスクを上げるという報告がされたこともあり、副流煙の問題もあるため、妊娠・出産をお考えのカップルは禁煙が望ましいとされています。喫煙している妊婦は非喫煙者の妊婦に比べ、流産や早産の危険性が約1.5倍になり、さらに低体重児が生まれる頻度も高まるとされています。

健康保険適応条件

一部の医療機関で受ける禁煙治療は2006年4月から保険適用となっています。ただし、健康保険の保険適用を受けるには、一定の基準を満たすことが必要となります。

基準について

「禁煙治療を受けるための要件」の4点を満たしている
医師が行うニコチン依存症診断のテストで5点以上
平均喫煙本数(1日)×喫煙年数=200以上
禁煙を1ヵ月以内にスタートしたいと考えている
禁煙治療を受けるという文書に同意している

以前、健康保険等で禁煙治療を受けたことがある場合には、前回の治療の初回診療日から1年経過していること。※過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことがあり、前回の治療の初回診察日から1年が経過しない期間に治療を受ける場合には自由診療になります。

ニコチン依存度テスト

※最終的なニコチン依存症の診断は医師が行いますが、5点以上であれば保険適用となります。

はい1点/いいえ2点

  • Q1、自分が吸おうと思っている本数より、結果的にずっと多くの本数の煙草を吸ってしまうことがありましたか?
  • Q2、禁煙、あるいは喫煙本数を減らそうとして、出来なかったことはありますか?
  • Q3、禁煙、あるいは喫煙本数を減らそうとしていたときに、煙草を吸いたくてたまらなくなることがありましたか?
  • Q4、禁煙、あるいは喫煙本数を減らそうとしていたときに、次のようなことがありましたか?
  • Q5、イライラ・落ち着かない・神経質になる・集中できない・頭痛・ゆううつな気持ちになる・眠気・胃のむかつき・手の震え・脈が遅くなる・食欲増進・体重増加
  • Q6、Q5で感じた症状をなくすために、煙草を吸い始めてしまったことはありますか?
  • Q7、重い病気になった時、喫煙はよくないとわかっていても吸ってしまうことはありましたか?
  • Q8、喫煙が原因で健康問題が起こっているとわかっていて、吸ってしまうことはありましたか?
  • Q9、喫煙で精神的な問題が起こっていることがわかっていて、吸ってしまうことはありましたか?
    (この場合の精神的な問題は、喫煙によって不安や抗うつ、神経質になるなどの症状が出ることを表しています。禁煙や喫煙本数を減らした時に起こる離脱症状・禁断症状ではありません)
  • Q10、自分が煙草に依存していると感じることはありますか?
  • Q11、喫煙できない仕事や食事会などを避けたことが何度かありますか?

治療の流れ

Step1初回 0週

問診では、治療法の説明を行い、ニコチン依存度・喫煙の状況・禁煙の関心度などをチェックしていきます。呼気中(吐き出す息)の一酸化炭素濃度の測定を行った後、禁煙開始日を決定し、「禁煙誓約書」にサインをいただきます。さらに、次回診察日を決めて、治療のための禁煙補助薬の処方を行います。

Step22回目 2週目

喫煙状況についての問診を行い、呼気中の一酸化炭素を測定します。その後、禁煙補助薬の追加処方を受けます。

Step33回目・4回目 4週目、8週目

呼気中の一酸化炭素の測定を行います。また、出現した離脱症状(禁断症状)の確認、そしてその対処法などのカウンセリングと治療を行います。

Step45回目 12週目

最後の診療です。禁煙に成功した場合には、そのまま禁煙を継続するためのコツなどについてくわしくご説明します。

※保険診療で認められている禁煙外来の通院回数は、初回を含めた計5回、期間は約3か月です。