新着情報

2018.01.15

【ウメ通信】梅干し

寒さはまだまだ厳しさを増しておりますが、日差しは暖かさを感じるようになり

各地で梅の花も少しずつほころび始めたようです。

 

本日は梅干しについてのおはなしです。

古くは中国原産といわれている梅干しですが、抗菌や防腐作用、疲労回復、唾液の分泌を促すことによって消化吸収をよくするなどの効果があると言われています。

この時期ぜひおすすめしたいのは焼き梅という梅干しを焼いたものです。

作り方は簡単で、梅干しをフライパンなどで焦げ付かないように素焼きにしてなかまでホカホカになるように火を通します。

保存方法は容器に移して冷暗所で保管というもの。

この焼き梅ですが、昔から熱・咳・喉の痛みといった風邪の症状に効果があると言われており、加熱することによって梅干しに含まれているクエン酸と糖から血液の循環をよくして、体を温める効果があるムメフラールという成分が誕生するそうです。

また加熱によって酸味がすこし和らぐので、独特の酸味が苦手な方も食べやすいとのこと。

私自身はそのままの風味も好みなので、生のままたたき梅を作ってドレッシングにしてみたり寒い時には梅こぶ茶などをのんでいますが、やはり昆布茶に焼き梅をいれるとより体が温まり疲れが飛んでいくような気がします。

写真は昨年自宅で梅干しを作った際の土用干しの様子です。ついついつまみ食いをしてしまい、完成する頃には量が減っているなんてことも…。

まだまだ寒い日が続きますので、皆様もお風邪など召されませんよう、ご自愛ください。

ペンネーム『不屈の精神』(ウメの花言葉より引用)

現在の内視鏡予約状況
24時間WEB予約24時間WEB予約外来WEB予約外来WEB予約TEL.0120-52-5489診療カレンダー