新着情報

2017.08.28

【フリージア通信】熱中症

まだまだ安定したお天気とは言い難い今日この頃、皆様いかがお過ごしですか。

 

さて、今回は熱中症についてです。

そもそも熱中症とは高温多湿な環境に人間の体が上手く適応出来ずに生じる症状のことを指します。

熱中症の症状には

・めまい

・顔の火照り

・筋肉痛、筋肉のけいれん

・体がだるい

・汗のかきかたが普段と違う

・吐き気

などが上げられます。

また皮膚に赤みが見受けられたり触れると熱いなども熱中症のサインとなり

水分補給を上手く取れなかったことによる熱中症も多く、テレビなどでもこの季節は多く耳にすることと思います。

とくに注意が必要な方は子供や高齢者などはもちろん普段趣味などで運動をする方や日中屋外での作業が多い方、キッチンにて火を使う事が多い方も熱中症になりやすいと言われています。

熱中症にならないようにするには喉が渇いていなくても水分補給はこまめにとり、塩分も少量でいいので摂ることが大切です。

水分補給を行う際、お水はもちろんスポーツドリンクなど糖分や塩分が含まれているものでも摂取でき、水分の吸収も早いため失われた塩分を補給するのにも繋がります。

また最近では経口補水液と呼ばれるドリンクも出ており、スポーツドリンク同様に体に不足した水分、糖分、塩分など補給することができ熱中症対策になります。ただし、塩分の摂りすぎもかえって体には良くないため程よく摂取し、また塩分摂取量に制限されている方はかかりつけの医師に相談の上、摂取することが大切です。

水分補給以外にもきちんとした睡眠環境を整えることで寝ている間に防ぐことができ、日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防することもできます。

睡眠環境を整える例としては通気性や吸収性の良い寝具を選んだり、エアコンや扇風機を使うことです。ただし暑いからといってエアコン、扇風機など冷たい風を浴びすぎるのも身体にはあまりよくありませんので適度に使用することが大切です。

また日々の食事の中でバランスの良い食事を摂ることにより体を丈夫に保ち、体調管理を行うことにより熱中症にかかりにくい体を作ることが大切です。

 

まだまだ不安定な天候と暑い日が続きますが皆様体調には十分気を付けてお過ごしください。

 

ペンネーム『あどけなさ』(フリージアの花言葉より引用)

現在の内視鏡予約状況
24時間WEB予約24時間WEB予約外来WEB予約外来WEB予約TEL.0120-52-5489診療カレンダー