新着情報

2022.07.11

【チューリップ通信】冷房病(クーラー病)について

こんにちは。東京ベイサイドクリニックです。

皆さん暑い日が続いていますが、熱中症対策はされていますか。

日傘をさしたり、帽子をかぶったり、水分補給をしたりと気を付けておられる方も多いかと思います。

夏は熱中症だけでなく、冷房病についても知っておく必要があります。

●冷房病とは

冷房が効きすぎている室内にいたり、暑い室外と寒い室内を何度も行き来しているうちに、自律神経のバランスが崩れ、体にさまざまな不調(だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、下痢、不眠など)が起こります。そのような症状を総称して『冷房病(クーラー病)』と呼びます。

<冷房病への対策>

体を冷やさないようにすることです。全身を温めるポイントは、「3つの首」を温めることが重要であります。

首、手首、足首には太い血管が通っているため、この3か所を重点的に温めることで、効率的に全身を温かくキープすることができます。

快適を得るための冷房が「体調不良の原因」にならないようにしましょう。

ペンネーム『真実の愛』(チューリップの花言葉より引用)

 

現在の内視鏡予約状況
外来WEB予約外来内視鏡WEB予約 24時間WEB予約下剤なし 人間ドック WEB予約 TEL.0120-52-5489診療カレンダー