新着情報

2022.02.28

【チューリップ通信】季節の変わり目は体調の変化に注意!

こんにちは。東京ベイサイドクリニックです。

なぜ、季節の変わり目に体調を崩しやすいのでしょうか?

昼と夜の気温差や月平均の気温の寒暖差が大きくなります。この時期によく見られる症状として、頭痛、肩こり、不眠、倦怠感、肌荒れなどがあります。また、情緒不安定になり、気分が落ち込む方もいるようです。そのため、自律神経を整えて、寒暖差や気圧の変動に耐えられる体作りを心がけましょう。まずは、自分が自律神経が乱れやすいかどうか、チェックしてみましょう。あてはまる項目が多いほど、自律神経が乱れやすい傾向があります。

自律神経の乱れチェック

□乗物酔いをしやすい。

□季節の変わり目に体調を崩しやすい。

□暑い季節にのぼせ、寒い季節では冷える。

□雨が降る前にめまいや眠気を感じやすい。

□最近、体を動かす機会が減っている。

□肩こりがある。

□新幹線や飛行機に乗ると耳が痛くなる。

□偏頭痛もち

□几帳面な性格

□ストレスを感じやすい。

チェックの数が少なくても、自律神経の乱れには注意が必要です。

何となく体調が優れないと感じている方は、毎日の生活を少し見直してみるといいかもしれません。

ペンネーム『誠実な愛』(チューリップの花言葉より引用)

現在の内視鏡予約状況
24時間WEB予約24時間WEB予約外来WEB予約外来WEB予約TEL.0120-52-5489診療カレンダー