新着情報

2021.08.17

【ブルーデイジー通信】脱水症について

こんにちは、東京ベイサイドクリニックです。
暑い日から一転、ここ数日間は雨が続き肌寒くなってきましたね。

暑い日は自然と頻繁に水分補給していますが、肌寒くなると水分補給を忘れがち…
なんてことありませんか?

本日は脱水症についてお話していこうと思います。

 

脱水症とは体内の体液が不足した状態のことを言います。体液は単純に水だけでなく、ミネラルと水分で構成をされています。この体液は人の身体を維持するために非常に重要です。脱水症は夏だけでなく冬もなりやすいといわれています。脱水症になる原因は水分を摂らないことと、発汗による多量の水分喪失といわれています。例えば夏場の外出やスポーツなども脱水症をおこす誘因となりますが、その他にもインフルエンザなどのウイルス感染による発熱や発汗、高温及び乾燥している環境へ長時間身を置くことも脱水症の原因となります。
脱水症を予防、対策していくためにはこまめに水分を補給していくことが必要です。経口補水液やミネラルの入っている麦茶を少しずつこまめに飲むようにしましょう。一気に多量に飲んでも十分に吸収されないので少しずつこまめにというところがポイントです。また、キンキンに冷えたものも身体には吸収されずに尿として体外に排出されてしまうため、人肌程度のぬるめのものをこまめに摂ることをおすすめします。
また、食事からもこまめに水分を摂りましょう。例えばお味噌汁はみその塩分も入っているため脱水症予防に最適なメニューであると言えます。毎日の食事に味噌汁を1品追加するだけでも脱水症予防へつなげることができます。

特に大切なことは、喉が渇いたと思った時点で軽度の脱水は始まりますので、喉が渇いたと思う前に水分を摂るようにしましょう。
また、高温な場所や乾燥している場所へ長時間身を置くことを控えましょう。喉が渇いた、体温が高くなっている、吐き気がするなど脱水症と思われる症状を感じた場合には熱中症と同様に涼しいところに移動して水分を摂るようにしましょう。

気温差が激しいと体調を崩しやすくなりますので、しっかり水分を取って体調管理していきましょう‼

<ペンネーム『幸福』ブルーデイジーの花言葉より引用>

 

現在の内視鏡予約状況
24時間WEB予約24時間WEB予約外来WEB予約外来WEB予約TEL.0120-52-5489診療カレンダー