新着情報

2021.06.21

【ラベンダー通信】新型コロナウイルスワクチン接種に際しての注意点について

614日付けで新型コロナウイルスワクチン接種の予約について当院よりお知らせをしていましたが
今回はワクチン接種時の注意点についてお伝えします。
高齢者に対する新型コロナウイルスワクチンの接種が始まりましたが、中には注意が必要な人や受けられない人がいるほか
受ける前後にも注意すべき点があります。

接種に注意が必要な人として厚生労働省は、
・血液が止まりにくい病気の人や血液をさらさらにする薬を服用している人
・心臓や血液、腎臓や肝臓、免疫系の病気で治療中の人
・けいれんを起こしたことがある人
・薬や食品に対するアレルギー症状が出たことがある人を挙げています。

また、接種を受けることができない人として
・体温が37.5度以上など明らかに発熱している人
・重い急性の病気にかかっている人
・ワクチンに含まれるポリエチレングリコールなどの成分に対して
 重い過敏症を起こしたことがある人などを挙げています。

ワクチン接種後に起こる副反応について、発熱、頭痛、注射した部位の腫れや痛み
脇の痛み、倦怠感といった症状の報告が多いようですが、これらの症状は2日~3日で軽快します。
厚生労働省は解熱鎮痛剤の使用を推奨していますので、アスピリン、ロキソプロフェンやイブプロフェンなどの
非ステロイド抗炎症薬(NSAID)ではなく、抗炎症作用の少ないアセトアミノフェン(カロナールやタイレノール)
を服用して経過をみるのもいいでしょう。
ただし、持病や服用中の薬がある、妊娠中、授乳中の方は医師に相談のうえで解熱鎮痛剤の使用をお勧めします。
また、ワクチン接種後は倦怠感など副反応がでる可能性があるため、接種の翌日は予定を入れないほうが無難かもしれません。
当日の入浴は問題ありませんが、飲酒や激しい運動は控えめにした方が良いでしょう。

当院でも65歳以上の船橋市民の方を対象にワクチン接種のご予約を承っております。
持ち物は接種券、保険証、予診票(予めご記入してご持参頂けますと当日スムーズです)
肩の出しやすい服装でご来院ください。

ワクチン接種が徐々に進んでいく段階では、すぐに多くの方がワクチン接種を受けられるわけではなく
ワクチン接種した方も受けていない方も共に社会生活を営んでいくことになります。
そのため、ワクチン接種後も引き続き三密の回避、マスク着用、手洗い手指消毒の励行を継続していただき
新型コロナウイルスへの感染に気をつけましょう。

ペンネーム「献身的な愛」 (ラベンダーの花言葉より引用)

現在の内視鏡予約状況
24時間WEB予約24時間WEB予約外来WEB予約外来WEB予約TEL.0120-52-5489診療カレンダー