新着情報

2021.03.14

【ジャスミン通信】花粉症の対策について

こんにちは、東京ベイサイドクリニックです。

今週から春の陽気が続き暖かい日が続いていますが、花粉が飛んでいて花粉症の方には辛い時期でもありますね。

さて、今回は花粉症の対策となる食品ついてお伝えしていきたいと思います。

 

ミントガム

ガムにはリラックス効果があり、ミントガムに使用されているペパーミントにはミントポリフェノールが含まれていて

鼻詰まりや鼻のムズムズ感、くしゃみなどを抑えて呼吸を楽にしてくれます。

 

②ヨーグルト

ヨーグルトなどの乳酸菌は花粉症になる前に食べる予防食品です。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には整腸作用があり、腸内環境を整え免疫力の活性化のお手伝いをすることにより体質改善をして花粉症を予防します。ヨーグルトに関しては即効性は期待できないので毎日の積み重ねが必要です。

 

トマトやレンコン

トマトやレンコンなどの野菜にはポリフェノールが含まれています。レンコンには ムチンという粘膜を保護する成分、タンニン(ポリフェノールの一種)という免疫・抗酸化作用、食物繊維が豊富なので整腸作用もあります。トマトの皮にはナリンゲニンカルコン(ポリフェノールの一種)に抗アレルギー作用があります。

ただし非加熱のトマトの場合はアレルギー症状が出ることがありますので気をつけてください。

 

納豆などのにがり製品

納豆にはムチン(粘膜を保護する成分)、乳酸菌(腸内環境を整える成分)、セレンやたんぱく質、亜鉛といったアレルギー緩和や粘膜修復作用があります。

にがり(マグネシウム)には花粉症緩和の効果があります。

 

今回は花粉症の予防食品についてお話させて頂きました。是非参考にして頂けたらと思います。

花粉症に負けない体を作りましょう!

 

 

<ペンネーム『幸福』ジャスミンの花言葉より引用>

 

現在の内視鏡予約状況
24時間WEB予約24時間WEB予約外来WEB予約外来WEB予約TEL.0120-52-5489診療カレンダー