新着情報

2019.11.04

【チューリップ通信】インフルエンザ予防に効果!正しいマスクの着用と手洗いの方法について

こんにちは、東京ベイサイドクリニックです。

朝晩寒い日が続いていますが、体調崩されていないでしょうか?

先週に引き続き、インフルエンザ予防に効果的な「正しいマスクの着用」と「手洗いの方法」についてお話ししていきます。

インフルエンザウイルスに感染した人が、咳やくしゃみをすると、ウイルスを含んだしぶきが飛び散ります。これを健康な人が、鼻や口から吸い込み、インフルエンザウイルスに感染してしまうことを、「飛沫感染」と言います。インフルエンザウイルスの感染は、主にこの「飛沫感染」によって起こる事をいわれており、これを防ぐためには、人込みをなるべく避ける事、「正しくマスクを着用すること」が大切です。マスクをつけるときは、針金を鼻の形に合わせ、鼻から顎まで隙間なく覆います。また、予防に使用したマスクの外側には、ウイルスや汚れが付着しやすいといわれています。その為、予防に使用したマスクを外すときは、外側を閉じこむようにたたみましょう。

マスク同様に、「手洗い」も有効なインフルエンザ予防法です。流水と石鹸による手洗いは、手に付いたウイルスを物理的に洗い流す効果があります。その他に、アルコール消毒剤による消毒もインフルエンザウイルスに対しては有効です。手を洗う時は、石鹸をよく泡立てて手の平、手の甲、→指と指の間→指先→親指の周り→手首をしっかりと洗いましょう。最後は流水でよく洗い流し、ペーパータオルや清潔なタオルでしっかりと水けを拭き取ります。

最後になりますが、皆さんも外出から戻られたらうがい手洗い、そして疲れを残さないように、規則正しい生活を行い、インフルエンザを発症させないようにしましょう。

それでは皆さんが健康でいらっしゃるように心からお祈り申し上げます。

ペンネーム『真実の愛』(チューリップの花言葉より引用)

 

 

 

現在の内視鏡予約状況
24時間WEB予約24時間WEB予約外来WEB予約外来WEB予約TEL.0120-52-5489診療カレンダー