新着情報

2019.05.13

【ポインセチア通信】大腸癌の原因について

こんにちは!東京ベイサイドクリニックです。

気持ちのいい五月晴れが続きますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

今回は大腸癌の原因についてお話しさせていただきます。

いくつか挙げられている原因の中のひとつに食生活の変化があります。

もともと欧米人に多くみられた大腸癌が、戦後、日本人にも増え始めたそうです。

肉類中心で、バターや油を使う高脂質食が増えたこと、逆にお米や食物繊維が多い、

芋や豆類、野菜類の摂取量が減ったことです。

高脂質食を控えめにし食物繊維を多く摂取するなど、食生活の見直しをしてみるとよいかもしれません。

また大腸癌のサインのひとつに便秘もあります。

現代の食事の変化には女性に多い便秘の原因にも共通しています。

便秘を放置しておくと、自律神経がうまく働かなくなって気分が悪くなり、痔や肌荒れの原因になります。ひどくなると腸閉塞を起こすこともあるそうです!

長く続くようであれば大腸カメラ検査をお勧めいたします。

 

当院では、大腸カメラの前処置として胃カメラの際に直接大腸へ下剤を流し込むことができるので、ご自身で2L近くの下剤を飲むという負担が軽減されます。

2リットルの下剤を飲むのが大変だなと感じる方にもお勧めです。

内視鏡検査中は全く痛みを感じることはないので、安心して受診することができます。何か気になる症状や、内視鏡検査をご検討されている方はお気軽にご相談ください。

ペンネーム『清純』 (ポインセチアの花言葉より引用)