新着情報

2019.01.14

【なのはな通信】胃内視鏡的洗腸液注入法(GEII)後の過ごし方

こんにちは、東京ベイサイドクリニックです。

 

まだまだ寒い時期が続いており、胃腸炎だけでなく、インフルエンザの流行などもニュースでよく聞かれております。皆様、引き続き体調にはお気を付け下さい。

 

さて、今回は胃内視鏡的洗腸液注入法(GEII)後の過ごし方について少しお話をさせて頂こうと思います。

 

当院では20184月から現在までに、1800名以上の患者様にGEIIを実施させて頂いております。

 

大腸内視鏡検査を受ける上で、大腸に内容物が残ってしまっていると挿入・観察できないため、1〜2Lという多量の下剤を服用する必要がありますが、当院のGEIIでは胃内視鏡検査後に十二指腸へ直接下剤を注入するため、ご自身での多量の下剤服用は不要となります。

GEII後は何度かおトイレへご自身で通って頂き、お通じをきれいにして頂いております。

GEIIで前処置するほうが、ご自身で多量の下剤を服用して頂くよりお通じがきれいになる迄の時間が短いです。

お通じがきれいになるまでの間は、お好きな動画を見て頂けるようタブレットや、雑誌もご用意しております。
またお水・お茶・スポーツドリンクだけでなく、コーヒー・紅茶などを飲んで頂くことも可能です(当院ではウォーターサーバーを用意しております)。

ららぽーと館内のおトイレをご利用して頂く場合もございますが、おトイレの案内図をお渡しさせて頂いており、患者様がおトイレの場所に悩まれないようご案内をさせて頂いております。

お通じがきれいになるまでの短い時間ではありますが、患者様が有意義に過ごして頂けるよう対応しております。

 

検査を終えられた患者様からは、

・こんなに楽に検査が受けられるなら、もっと早くに受ければよかった

・苦痛がなかった

・来年も必ず受けます

といったお言葉を頂いております。

 

胃・大腸内視鏡検査を受けようと悩まれている方がいらっしゃりましたら、ぜひ当院へご相談いただければと思います。

ペンネーム『元気いっぱい』(なのはなの花言葉より引用)