新着情報

2017.05.01

【チューリップ通信】5月病について

皆さんこんにちは。東京ベイサイドクリニックです。

5月に入ったこともあり、今回5月病についてお話ししさせて頂きます。

まず、5月病のゴールデンウィーク明け頃から起こることが多く、医学的な診断名としては、「適応障害」「うつ病」と診断されます。

症状:抑うつ、無気力、不安感、焦りなど。

5月病になりやすい人:・几帳面でキッチリしてる・真面目・完璧主義・責任感が強い・内向的で感情を表に出さない・周りに合わせる、気にする

身体に表れやすい主な症状:・不眠、疲労、めまい・胃痛、食欲不振・動悸、やる気がでない・息苦しさ・人と関わるのが億劫

ストレスの発散と解消:好きなことをする。

5月病のの原因がわかっていれば、自分であらかじめ対処できると思うので、こまめに発散し、症状がでる前に防いでいきましょう。

 

ペンネーム『愛のめばえ』(チューリップの花言葉より引用)