泌尿器科

泌尿器科

泌尿器科泌尿器科では、腎臓、尿管、膀胱、尿道、精巣および前立腺の各臓器を専門的に診療致します。
特に前立腺疾患は、尿流量や残尿測定を随時行い、肥大症や癌の発見に努めて参ります。
必要に応じて日帰りで経直腸エコー下に前立腺生検も可能です。

こんな症状がある方はご相談ください

排尿に関するお悩み

  • しょっちゅうトイレに行きたくなる(頻尿)
  • 夜、何度もトイレに起きてしまう(夜間尿失禁)
  • 尿意を感じてからトイレまで我慢するのが難しい(尿意切迫)
  • 尿漏れすることがある(尿失禁)
  • 尿の勢いが弱く、尿がなかなか出切らない(排尿困難)
  • 排尿し終わってもスッキリしない(残尿感)
  • 排尿時に痛みがある(排尿時痛)
  • 排尿後に痛みがある(排尿後痛)
  • 尿道周辺やその奥、会陰部の不快感
  • 出したいのに尿が出ない(尿閉)
  • 尿に血が混じっている(肉眼的血尿)
  • 尿道から膿などの分泌物が出る
  • 膀胱炎が治りにくい。何度も再発する
  • 尿検査で尿潜血・タンパク尿の陽性を指摘された

など

男性特有の悩み

  • 陰茎や陰嚢に痛みがある
  • 陰茎や陰嚢のかゆみ
  • 陰嚢の腫れ
  • 亀頭や包皮に小さな水泡やいぼがある
  • 包皮や亀頭が傷つきやすい
  • 勃起力が弱くなっている
  • 勃起が途中から保てない
  • 性交欲が減少してきた
  • 筋肉が減ってきた(筋肉量の減少)
  • PSA(前立腺特異抗原)が高いと指摘された
  • 前立腺がんではないかと心配している
  • 前立腺肥大症なのかを調べたい
  • イライラしやすくなった

など

その他のお悩み

  • 腰が痛い
  • 背中が痛い
  • 足がむくみやすい
  • 尿が泡立っている
  • 尿に濁りがある
  • 膀胱がんではないかと心配している
  • きちんと泌尿器科検診を受けたい

など

前立腺肥大症とは

前立腺肥大症は、50歳代以上に多くみられる病気で、尿の勢いなど出方が悪くなるのが代表的な症状です。

前立腺は精液に栄養を与える器官で、男性の膀胱の出口を取り巻くように存在し、中心を尿道が通っています。加齢によって前立腺は大きくなると言われており、「前立腺肥大症」は、前立腺の内線と言われる部分が肥大して大きくなる病気です。肥大によって膀胱の出口が圧迫されるために、排尿に関するトラブルが多く起こります。

前立腺肥大症の症状

前立腺肥大症では、尿意があるのに尿がすぐ出ない、少ししか出ない、残尿感がある、トイレが近くなる、夜間に起きてトイレに行く回数が多くなるといった症状が現れます。前立腺肥大症では、ほとんどの場合、お薬による治療で高い効果を得られますし、症状が少し残る場合にも、漢方薬を併用した治療で有効率を上げることが可能です。

放置したまま進行させてしまうと肥大が進み、膀胱に残る尿の量が増えてしまいます。そのことから、感染や腎不全といった病気を引き起こす可能性もあります。

尿失禁とは

尿失禁には、軽い尿漏れも含んでおり、尿をしたくない時と場合に意思に関係なく尿が出てしまうことを指します。生活に不快や不自由をもたらして生活の質を低下させるだけでなく、衛生的な問題もあります。

成人女性の約3割が軽いものを含めた尿失禁を経験していると言われておりますが、加齢や病気などによって起こる尿失禁は男性にもよくある症状です。

尿失禁は症状や原因によって、腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁の2つの種類に分けられます。

 

 

腹圧性尿失禁

女性の尿失禁に多いタイプです。お腹に力がかかった時に尿が漏れるもので、咳やくしゃみをした拍子や、重いものを持ち上げた瞬間に起こります。

骨盤底筋群が弱くなって尿道や膀胱をしっかり支えられなくなり、それが原因となって起こる尿失禁だと考えられています。

切迫性尿失禁

徐々に尿意が増すのではなく、いきなり強い尿意があって(尿意切迫感)、その結果トイレに間に合わず漏れてしまうタイプです。水仕事をしている時に急に強い尿意を感じたり、帰宅したとたんに尿意が起ってトイレに駆け込み間に合わないことなどが起こります。
ほとんどは膀胱自体の老化や、女性の場合は骨盤底筋群が弱まることにより膀胱の過敏性が増し、膀胱が勝手に収縮を起こすことで起こると考えられています。中には、脳血管障害などにより排尿コントロールがうまく行かなくなることが原因になっている場合もあります。